ギャンブルは嗜好性が強い事から人によっては依存的な傾向を示す事があり、これが原因で大きな借金を作ってしまうという事は残念ながら往々にしてあるものです。

ギャンブルが原因の借金で困るのは、どうにも返せないという状況に陥ってしまった場合に自己破産という手段が取れない可能性が高い事です。自己破産を行う場合は裁判所に申請を行う事になり、可否の決定を裁判所に委ねる事になります。

ギャンブルの借金については心証が良くないケースが多く、自己破産の許可が下りない場合も多いのです。
そこで何とか借金を返せる状態にして生活の再建を図ろうという場合において、原因がギャンブルである場合には任意整理を中心に考えるのが良いと言えます。

任意整理は借金に至った理由を問わない上に裁判所を介さない事から、自らの判断に基づいて行う事の可能な債務整理の方法になるからです。

貸し手との交渉が必要となる為に弁護士等への専門家への依頼が必要となりますが、こうした業務を専門とする事業者も多い事から窮地に陥ってしまった場合には積極的な相談が肝要と言えます。

 

弁護士に債務整理を依頼する